新たに五島市内17か所の発電所から「ごとうの電気」の供給が始まりました。(9/29)

五島市民電力株式会社(以下、当社)では、五島市内の発電所より再生可能エネルギーの特定卸供給を頂くことで、五島市内産電力を調達しています。これは、国の固定価格買取制度によって一般送配電事業者(九州の場合は九州電力送配電株式会社)に買い取られた電気を、一般送配電事業者から当社に供給するものであり、地産地消の比率を高める有効な手段です。

このたび、当社は9月より、有限会社旭板金様ほか2名の保有する五島市内の17か所の発電所から特定卸供給による電力供給を受けることとなりました。

これにより、令和2(2020)年9月29日時点で、当社へ電力供給を頂いている発電所は以下の通りとなりました。

 ・洋上風力発電所:約 2.0 MW
 ・陸上風力発電所:約 1.2 MW
 ・太陽光発電所:約 1.7 MW

引き続き当社では、五島市内の発電所からの電力供給を増やし、エネルギーの地産地消を進めて参ります。

(参考)再生可能エネルギーの特定卸供給契約
https://www.kyuden.co.jp/td_service_wheeling_renewable-energy_index.html

【本件に関する問い合わせ先】五島市民電力株式会社カスタマーセンター

(TEL:0959-86-2900 / 080-5803-1223)